特許 第3532906号

本体構造body structure

B12/B11 & C19F/C18FB (SAMPLE)

   各部品  B12 (2019model) (*1)


   各部品  B11 (2018model) (*1)


   組付け時  B12 (2019model) (*2)


   組付け時  B11 (2018model) (*2)


   BOTTOM VIEW B12 (2019model) (*3)


   BOTTOM VIEW B11 (2018model) (*3)


   トレッド調整 B12 (2019model) (*4)


   トレッド調整 B11 (2018model) (*4)


   アングル調整 B12 (2019model) (*4)


   アングル調整 B11 (2018model) (*4)


   Cowl Sheet C19F (2019model) (*5)

商品イメージ4

   Cowl Sheet C18FB (2018model) (*5)

商品イメージ4

 補足説明

*1 ・メイン素材として特殊加工を施したコートボール紙を使用しており、厚みやコンパウンドの違いに
 より、各部で強度が異なります。 
・サスペンション、フロントウイングの一部、調整台との接合部等には木材を使用した他、滑り止め
 としてはネオセールを使用しています。
・また、表面にはカーボン調の粘着シートを貼り合わせることにより、リアルさを追求しました。
追記:Haloに相当するパーツの下部には、固定板を挟んで使用中におけるパーツ自体のぐらつきを抑える形状に変更しました。
*2 ・2019model:D65×W30×H20(cm)、2018model:D66.5×W30×H20(cm)の寸法です。
 ※W(車幅)とH(車高)はボディ後方部(コントローラー手前部分)の値であり、2019modelのD(全長)は
  ボディ中央のハロに相当するパーツを加味しない値です。
*3 ・2019modelにおいては、ウイングパーツのクリアランスの精度を高めたことにより、ピンによる固定 ヶ所は、フロントノーズとウイングの接合部のみとしました。
*4 ・ディスプレイの大きさに対しては、前方トレッドだけでなく、ディスプレイからの距離も調整する
 必要があります。詳しくは設置必要条件のページや3次元拡張効果ページのを参考にしてください。
*5 ・カウルシートは2019mode,2018modelともに3種類ずつあります。
・ユポ紙(合成紙)をアクリル塗料(表面には紫外線カット塗料)と光沢シール(耐水)で仕上げてあります。・ボディへの取り付けは両面テープ(カウルシート裏地に貼り合わせ済)を用います。
 ※ウイング部分は弱粘着、ノーズ部分(手前部分と先端部分両方)は強粘着の両面テープです。

推奨レースゲーム&
推奨コントローラー